kikkoman × karate

  • line
  • twitter
  • facebook

夏の疲れを食べて癒す

夏の疲れを食べて癒す

夏の疲れを食べて癒す

この夏、蒸し暑い日が続いたかと思うと急に秋のように涼しくなったり、大雨が降ったりと、目まぐるしく変わる天候に体がついていけず、何となくだるい、疲れが取れないという方々も多かったと思います。
そんな夏の疲れを2週間で癒してくれるという優れた成分「イミダペプチド」についてのお話しです。

イミダペプチドとは

1万kmも休むことなく飛び続ける渡り鳥の翼を動かす胸の筋肉に多く含まれているタンパク質の一種で、疲労した筋肉にピンポイントで作用し、短期間で疲労回復させてくれる物質です。正式名称はイミダゾールジペプチドといいます。
人や牛豚の筋肉中や鳥胸、回遊魚や鮭の尾の筋肉にも含まれています。
人の筋肉中のイミダペプチドは加齢とともに減少し、30歳から70歳にかけて体内濃度が3分の1に減ってしまうそうです。
また、激しい運動やスポーツのあとにも消耗により体内イミダペプチド濃度が減ってきます。
疲労回復にはビタミンB1を多く含む食品が有効と言われていますが、このイミダペプチドの疲労回復効果も近年の臨床結果で認められています。

効果的な摂り方

イミダペプチドは200mgを毎日摂取することが理想とされています。イミダペプチドは様々な動物・魚・鳥に含まれていますが、鶏のむね肉が特に多く、100g中に200mgも含まれています。
普段のお肉料理を鶏のむね肉100g以上に替えていくだけで、1日の有効量を摂取できるのです。

摂取期間

疲労感の回復には個人差もありますが、毎日摂取し、1~2週間続けることでより効果が表れると言われています。

タンパク質の吸収を促すために、各種ビタミンやミネラルの摂取も忘れずに、お野菜もたっぷり摂れる鶏むね肉の献
立で、清々しい秋を迎えましょう!