kikkoan × karate

  • line
  • twitter
  • facebook

空手の形(団体)の試合とは?

「団体形」は3人で1チームを構成し、一つの形を3人で同時に演武します。「個人形」同様に演武の正確さ・パワー・スピード・バランスがその技術の合理性に適っているかを競い合います。特に3人が呼吸を合わせ、同じ形を演武するので、その同調性が重要なポイントとなります。

「団体形」の決勝戦・3位決定戦では、形の中に含まれている攻防の技術を正しく理解できているかを競い合う「分解」という演武が競技の中に含まれている場合があります。
これは演武した形が、実際にどのような技術で出来ているのかを3人が具体的にパフォーマンスをします。対峙する2人(あるいは3人)が突き、蹴り、投げなどの攻防を、実際のスピードの中で行なう大変迫力のあるものです。
世界大会で行われる「分解」は完成度が高く、大会の華とも呼ばれ、観客を魅了します。

*2017年1月、WKFルールより 「監修 JKFan」