根菜とうなぎの山椒和え

根菜とうなぎの山椒和え

  • 調理時間

    15分

  • エネルギー

    217kcal

  • 食塩相当量

    1.4g

  • たんぱく質

    10.4g

  • 脂質

    14.5g

  • 炭水化物

    10.6g

※栄養成分は1人分です。

ポイント

  • 栄養価が高い優秀食材、「うなぎ」を使ったレシピを紹介!
  • 食物繊維が多く含まれる根菜と組み合わせれば、食べ応えもある一品です。

材料作りやすい分量(2人分)

  • ごぼう …50g
  • にんじん …50g
  • うなぎの蒲焼 …80g
  • 山椒(粉末) …適量
  • いつでも新鮮しぼりたて生しょうゆ …小さじ2
  • マンジョウ・米麹こだわり仕込み本みりん …小さじ2
  • ごま油 …大さじ1 

作り方

  • ごぼう、にんじんを千切りにし、ごま油で炒める。

  • ごぼうとにんじんに火が通ったら、1センチ幅に切ったうなぎの蒲焼、調味料をすべて加え、炒める。

    • うなぎのかば焼きで時短調理!
  • お好みで適宜山椒をかけたら完成。

■「余分な糖質はため込まない」ための、ポイントをご紹介!
①糖質代謝に欠かせないビタミンB1は意識してとる!
ビタミンB1が多いダントツの食材は豚肉とうなぎです。
その他、豆腐や納豆などの大豆製品や未精製の穀類、鮭もおすすめの食品です。
②ビタミンB1をしっかり取り入れるには「短時間調理」
調理によって損失しやすいビタミンB1は、スープなどにして汁ごと食べるもおすすめです。
③ビタミンB1はアリインと一緒にとることで効果アップ!
アリインを含むにんにく、ねぎ、たまねぎをプラスするとビタミン1の吸収を促進すると言われています!