好き嫌いを無理なく克服③

魚をなかなか食べてくれない子どもに、好き嫌いせず魚を食べてもらうにはどうしたらいいの?

魚をなかなか食べてくれない子どもに、好き嫌いせず魚を食べてもらうにはどうしたらいいの?

  • 調理時間

    20分

  • エネルギー

    318kcal

  • 食塩相当量

    1.8g

  • たんぱく質

    28.6g

  • 脂質

    14.1g

  • 炭水化物

    18.6g

  • カルシウム

    52mg

※栄養成分は、スポーツをするこども1人分です。

ポイント

材料作りやすい分量(4人分)

  • 鮭(切り身)…4切れ
  • さつまいも(中)…2本
  • 玉ねぎ…1/2個
  • まいたけ…1袋
  • サラダ油…大さじ2
  • 洋風スープの素(固形)…1個
  • キッコーマン・無調整豆乳…400ml
  • キッコーマン・いつでも新鮮しぼりたて生しょうゆ…小さじ1
  • 塩…適宜
  • こしょう…適宜

作り方

  • 鮭はひと口大に切り、塩・こしょうをふる。

  • さつまいもはよく洗って皮つきのまま1㎝程度の厚さのいちょう切りにし、水にさらしてあくをとった後、水気をきっておく。

  • 玉ねぎはくし形に切り、まいたけは手で大きめにさく。

  • フライパンにサラダ油大さじ1を入れ、①の両面に焼き色が付くまで加熱し一度取り出す。

  • ④のフライパンにサラダ油大さじ1を足して②と③を加えさっと炒めた後、水1カップと洋風スープの素を加えさつまいもに火が通るまで弱火で煮る。

  • ⑤に豆乳を注ぎ、④の鮭をもどし入れ、沸騰したら弱火で時々かき混ぜながらさらに煮る。最後にしょうゆ(お好みで塩こしょう)で味を整え、皿に盛りつける。

    • 豆乳クリームの味わいを引き締めたい場合にはしょうゆがベスト。
 
 
見た目や食べる時の手間からくる好き嫌いを克服するメニューとして、次のレシピもおすすめです。
 鮭の南蛮漬け(みんなのごはん)
 塩鮭と青じその混ぜご飯(ホームクッキング)
 鮭のチーズ焼ききのこ添え(ホームクッキング)


先生からのメッセージ

【管理栄養士 米倉れい子】
子どもが魚を嫌う理由は「におい」や「食感」「食べる大変さ」など人それぞれ。ちょっとした理由で食べず嫌いになってしまうということもあるかもしれません。無理強いすることなく、お子さんが嫌いな理由を保護者の調理の工夫で、少しずつ克服していきましょう!