レンチン豆乳みりんプリン

レンチン豆乳みりんプリン

  • 調理時間

    10分

  • エネルギー

    298kcal

  • 食塩相当量

    0.9g

  • たんぱく質

    10.3g

  • 脂質

    9.0g

  • 炭水化物

    38.2g

※栄養成分は1個分です。

ポイント

  • 何か口に入れたいという時には、卵や豆乳など栄養価の高い食材を利用したデザートがおすすめ。

材料作りやすい分量(2個分)

  • 卵…2個
  • キッコーマン・調製豆乳…200ml
  • マンジョウ・米麹こだわり仕込み本みりん…1/2カップ
  • バニラエッセンス…適宜
  • A(シロップ)
  •  キッコーマン・いつでも新鮮しぼりたて生しょうゆ…小さじ1
  •  水…大さじ1
  •  煮切りみりん(作り方①参照)…大さじ2

作り方

  • 鍋にみりんを入れ、弱火で半量になるまで煮詰める。シロップ用に大さじ2分は別途取っておく。

    • みりんを煮切ることでアルコールがとび、通常のみりんよりも保存がきかなくなります。多めに作った時や少し余った時には冷蔵庫に保存してください。
  • よく溶きほぐした卵に、調製豆乳と①を加え、ざるで濾した後、バニラエッセンスを加えて、再度よく混ぜ合わせて、耐熱カップに流し入れる。

    • バニラエッセンスを他のフルーツ系のエッセンス(オレンジエッセンスやレモンエッセンスなど)に変えると、風味も異なり、簡単アレンジになります。
  • ラップはかけずに、電子レンジ(500W)で2分30秒加熱し、その後はプリンの固まり具合を観察しながらプリン液が盛り上がってきたら取り出す。

    • レンジによっては火の通り具合を確認しながら、時間調整をしてください。
  • ①でシロップ用に残しておいた煮切りみりんに、Aを加えて混ぜ軽く温めた後、③にかける。

 
 
※固める時間が難しい…という人には、ゼラチンを加えて冷蔵庫で冷やすだけの豆乳プリンを → 「簡単豆乳プリン」の作り方はこちら!
先生からのメッセージ

【管理栄養士 米倉れい子】
体調が悪くて食欲もないという時こそ、何か口に入れることが必要ですね。卵と豆乳で作ったプリンは、栄養価も高く食べやすい一品です。