発酵食品で腸内環境を整える

感染症が気になるこの季節。食事ではどんなことを気をつければいいの?

感染症が気になるこの季節。食事ではどんなことを気をつければいいの?

  • 調理時間

    15分

  • エネルギー

    377kcal

  • 食塩相当量

    5.1g

  • たんぱく質

    24.9g

  • 脂質

    24.1g

  • 炭水化物

    13.8g

  • 食物繊維

    5.3g

※栄養成分は、1人分です。

ポイント

材料作りやすい分量(4人分)

  • 白菜キムチ…1パック
  • 豚肉…400g
  • ごま油…大さじ1
  • しめじ…1袋
  • 豆もやし…1袋
  • A
  •  いつでも新鮮しぼりたて生しょうゆ…大さじ2
  •  味噌…大さじ3
  •  水…4カップ
  • 塩…適宜
  • こしょう…適宜

作り方

  • 白菜キムチはひと口大に、豚肉は3~4cm幅に切り、適宜塩、こしょうを軽くふっておく。しめじは小房に分け、もやしはひげ根を取っておく。

    • お子さんにはまだキムチは辛すぎて…という場合には、白菜の漬け物でも美味しくいただけます。
  • 鍋にごま油を熱して、①の豚肉を炒め、色が変わったところで、①のキムチを加えてさらに炒めて香りを出す。

  • ②にAを加えて煮立て、残りの①を加えて煮る。ひと煮たちしたら出来上がり。

    • 食べ終わった後には、五穀米とチーズを一緒に加えるとおすすめの腸活リゾットになります。
  • ※ 白菜キムチの味や辛さにより、Aの調味料の使用量は調整が必要です。
     
  
↓この他、おすすめレシピはこちらをCHECK!!↓
 
発酵食品や発酵調味料を組み合わせた食べごたえのあるメニューとして、次のレシピもおすすめです。
 豚バラ白菜鍋(ホームクッキング)
 豚キムチ炒め(ホームクッキング)
 キムチチャーハン(ホームクッキング)
  
納豆メインのお手軽な1品メニューとして、次のレシピもおすすめです。
 納豆ばくだん丼(みんなのごはん)
 納豆トースト(ホームクッキング)
 納豆のスパゲッティ(ホームクッキング)
   
食物繊維が豊富な食材を冷やして常備するメニューとして、次のレシピもおすすめです。
 トマトのコンポート(ホームクッキング)
 みたらしポテト(ホームクッキング)
 豆乳レモンヨーグルト豆花(ホームクッキング)

 
 

先生からのメッセージ

【管理栄養士 米倉れい子】
発酵食品をとりづらいという人は、「しょうゆ」「みりん」「味噌」など発酵調味料を使った和食を1日1食はとるように意識してみてください。1回使用量は少なくても、毎日コンスタントにとることで、腸活を支えてくれます。